2011年09月05日

「一生お金に困らない人の運の習慣 」松永 修岳 (著)

松永修岳氏。

わたしの知人の風水コンサルタントが師事した方であり、
尊敬する本田健さんとも親交のある方で、
お名前だけは10年以上前から知ってはいた。

カリスマ性のありそうないわゆる怪しげな風貌で、
パワーのありそうな人だなあというのが写真を見た印象だった。

本田健さんが帯に推薦文を書いたという前作は買いそびれてしまったが、
この本はたまたま縁があって近所の書店で手にとって即買い。

とてもわかりやすい本だった。


【わたしがこの本から学んだポイント】

●自分より年収が3倍以上の人とつきあい、彼らの行動週間から学ぶ
●自分の強みに特化して仕事に取り組む
●取り組んではいけない仕事をはっきりさせる
・まったく報酬が読めない仕事
・今の自分の目的と合致しない仕事
●ドーパミンが分泌される環境を整える
●お金を稼いだら、まずは「自分の健康」を高めるためにつかう
●「良い眠り」を確保すること
●関わってはいけない人をはっきりさせる
・感動しない人
・成長を奪う人
●一日最低5分間「ノーマインド」状態をつくること


上記のことは、以前からなんとなくはやってきていたことではあるが、
さらに意識的に取り組んでみようと思う。


とくにお金を稼いだらまずは自分の健康を高めるためにつかう、
これはプロとしてベストコンディションを保ち、
最高の仕事して最高の報酬をいただくために必須だと感じた。






posted by このはなさくや at 22:57| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。