2011年06月24日

「お金と豊かさの法則」リズ・ブルボー (著)

ひさしぶりにリズ・ブルボー女史の著作を手に取った。
何年ぶりだろうか?

この本は、リズのセミナーや講演会での質疑応答が収録されているようである。

相変わらずパキっとした遠慮のない語り口が小気味良くて、
ストン!と入ってくる。

お金もエネルギーであるということが、
具体的でとてもわかりやすく書かれており、
またお金がエネルギーである以上、
わたしたちの“思い”に即座に反応するのだということも、
とても腑に落ちた。

お金を稼ぐにしても、使うにしても、
借金をするにしても、返済にするにしても、
自分というチューブを通して、
お金というエネルギーが循環しているということ。

お金に関する思い込みを発見するのに非常に役に立つ良書だと感じた。




お金と豊かさの法則 [単行本(ソフトカバー)] / リズ・ブルボー (著); 浅岡夢二 (翻訳); ハート出版 (刊)
posted by このはなさくや at 17:07| 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。